【ベースTAB譜】BULE ENCOUNT – VS ~簡単な解説~

 ここでは「BULE ENCOUNT – VS」について、ワンポイントアドバイス・簡単な解説を書いていきます。TAB譜は下のリンク、Piascore楽譜ストアから購入できます。

「BULE – ENCOUNT」購入ページ

スラップについて

 この曲にはいくつかスラップが出てきますが、”intro.2、D” などはオクターブのスラップフレーズですね。これは普通に弾いてもらえればいいと思います。オクターブ下がサム、上がプル、×はゴーストノートです。

 今回取り上げるのは、AメロのAセクションにあたる部分についてです。

 Aセクションは基本的にこのリズムパターンですが、特に問題になるのは”13番の小節の後半のパターン”です。

 弾き方は人それぞれかと思いますが、最初の3弦3F、C音のみプルで弾くといいかと思います。4拍目が連続サムで弦移動もあるので注意です。もし難しい場合、2回目のC音は弾かずに5Fサムへ移ると、あまり原型を崩さず、かつ演奏が楽になります。

 スラップが目立つ曲なので、カッコよくビシッと決めましょう!

 他にもベースTAB譜を販売しているので、気になった方はチェックしてください。

販売楽譜・TAB譜一覧

「BULE – ENCOUNT」購入ページ

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です