【ベースTAB譜】美波 – ライラック ~簡単な解説~

 ここでは「美波 – ライラック」について、ワンポイントアドバイス・簡単な解説を書いていきます。TAB譜は下のリンク、Piascore楽譜ストアから購入できます。

「美波 – ライラック」購入ページ

16分の混ざったリズム

 今回は、この曲によく出てくる16分の混ざったリズムパターンを簡単に解説していきます。

 上の画像は、イントロ後半の譜面です。

 このリズムパターンがベースとして使われている部分が多いですが、一見リズムがややこしいです。しかし、3音で区切ると「ダーダダー,ダーダダー,ダーダー」のように前半2つが同じパターンです。このように同じリズムパターンが2つ続くと覚えてもいいでしょう。

 サビなどはこのリズムパターンがベースとなり、オクターブ上に上がったり、5度の音が混ざったフレーズになります。複雑なサビ等のパターンでリズムが分からなくなった場合、イントロ部分など簡単な部分に戻りリズムを確認しましょう。

 どんな曲にも言えますが、ベースとなるリズムが曲・演奏を安定させる要素となるでしょう。リズムを覚えてからアレンジをのせていくと習得も早いのではないでしょうか。

 他にもベースTAB譜を販売しているので、気になった方はチェックしてください。

販売楽譜・TAB譜一覧(当サイトページ)

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です