【ベースTAB譜】Saucy Dog – 雀ノ欠伸 ~簡単な解説~

 ここでは「Saucy Dog – 雀ノ欠伸」について、簡単な解説を書いていきます。TAB譜は下のリンク、Piascore楽譜ストアから購入できます。

「Saucy Dog – 雀ノ欠伸」購入ページ

16分の大切さ

 この曲では全体を通して細かい16分の音が入っています。この16分が曲の雰囲気・グルーヴ感のポイントになるので、コピーの際は大切に弾いていきましょう。

 上の譜面はサビ部分、頭2小節です。この曲の16分は、ほとんどがこのパターン「タータ」のリズムです。

 まず、16分直前の音符をしっかり伸ばしましょう。タータのターの部分ですね。ゆっくりな曲だからこそ早くなってしまいがちですが、焦らずに。

 二つ目は、16分の次の音はしっかり揃えましょう。先ほどにも言えますが、16分を意識するよりもその前後を意識した方が上手く演奏できると思います。

 最後に、運指のパターンも色々ある点にも注意です。弦をまたいでの16分や、開放弦を含んだりといったようにパターンが多いので、苦手な部分があれば集中的に練習しましょう。

 16分が難しい楽曲だと思いますが、それこそがこの曲の醍醐味だと思うので、ノリを楽しんで演奏していきましょう。

 他にもベースTAB譜を販売しているので、気になった方はチェックしてください。

販売楽譜・TAB譜一覧(当サイトページ)

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です