【ベースTAB譜】ポルカドットスティングレイ – 女神 ~簡単な解説~

 ここでは「ポルカドットスティングレイ – 女神」について、簡単な解説を書いていきます。TAB譜は下のリンク、Piascore楽譜ストアから購入できます。

「ポルカドットスティングレイ – 女神」購入ページ

ハイポジションでのフレーズ

 この曲のAメロは、ベースがグイグイ引っ張るメロディアスなフレーズとなっています。今回は小節20,21、下の譜面について解説します。

 このフレーズで問題になるのは主に小節21ですが、原曲はあまりスライドを使ったようなニュアンスでは弾いていません。

 しかし、10Fから14Fを人差し指から小指で素直に弾くのは難しいと思います。

 そこで、10→12→12→14Fを人→薬→人→薬指(小指でも〇)と指を縮める運指で弾いてみましょう。難しそうな場合は10→12Fか12F→14Fをスライドっぽさを消しつつ演奏しましょう。

 とは言え、スライドっぽくないニュアンスも重要ですが「しっかりフレーズを弾ききること」の方が大切なので、そのことも頭に入れつつ練習していただけたらと思います。

「ポルカドットスティングレイ – 女神」購入ページ

 他にもベースTAB譜を販売しているので、気になった方はチェックしてください。

販売楽譜・TAB譜一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です