【ベースTAB譜】Eve – レーゾンデートル ~簡単な解説~

 ここでは「Eve – レーゾンデートル」について、ワンポイントアドバイス・簡単な解説を書いていきます。TAB譜は下のリンク、Piascore楽譜ストアから購入できます。

「Eve – レーゾンデートル」購入ページ

メインのリズムパターン

 今回は、イントロやAメロなどに出てくる、この曲のメインのリズムパターンについて、簡単に解説していきます。

 上の譜面は、Aメロの頭のフレーズです。小節5.6だけを比べても、似たリズムパターンだと分かりますね。この曲では、このリズムパターンが非常に多くなっています。

 特にポイントなのが、8分音符に符点がついた小節後半です。言葉で表すのであれば「タータータ」というリズムです。符点がついているので当然と言えば当然ですが、小節後半はゆったりしたリズムになります。

 意識して欲しいのは「ターター」の符点部分部分。のっぺりと、しっかり音を残す感じにしましょう。焦って音が短くなったり、リズムがズレないように注意です。

 このフレーズは曲中によく出てくる上、曲の雰囲気を決めるポイントにもなっていると思いますので、是非マスターしましょう。

 他にもベースTAB譜を販売しているので、気になった方はチェックしてください。

販売楽譜・TAB譜一覧

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です