【ベースTAB譜】WOMCADOLE – アオキハルヘ ~簡単な解説~

 ここでは「WOMCADOLE – アオキハルヘ」について、ワンポイントアドバイス・簡単な解説を書いていきます。TAB譜は下のリンク、Piascore楽譜ストアから購入できます。

「WOMCADOLE – アオキハルヘ」購入ページ

間奏フレーズ

 今回は、間奏部分のハイポジションで弾くフレーズを解説したいと思います。

 上の画像は間奏に入った頭2小節です。今回のフレーズの中で最もハイポジションで弾かなければならない部分ですね。

 このフレーズ2弦20Fが運指的に最も弾きにくいと思います。特にストラップを長くして演奏される方はそうでしょう。そういった場合は1弦15Fで弾いて下さい。

 楽譜で2弦20Fと表記しているのは、このフレーズは安定した演奏が大切になってきます。そのため、なるべく横移動しない運指になるようにという意図があります。

 ただし、安定した演奏が第一だと思うので、自分にあった運指で弾いていただければと思います。

 このパートは、テンポが遅いからこそリズムはシビアになってきます。いずれの運指でも、ドラムと呼吸を合わせ安定した演奏を心掛けたいですね。

 他にもベースTAB譜を販売しているので、気になった方はチェックしてください。

販売楽譜・TAB譜一覧(当サイトページ)

「WOMCADOLE – アオキハルヘ」購入ページ

<スポンサーリンク>

One Reply to “【ベースTAB譜】WOMCADOLE – アオキハルヘ ~簡単な解説~”

  1. WOMCADOLEの「アオキハルへ」の五線譜付きの楽譜を購入させていただきたいです。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です