【ベースTAB譜】Official髭男dism – 宿命 ~簡単な解説~

 ここでは「Official髭男dism – 宿命」について、ワンポイントアドバイス・簡単な解説を書いていきます。TAB譜は下のリンク、Piascore楽譜ストアから購入できます。

「Official髭男dism – 宿命」購入ページ

ベースパートについて&4弦TAB譜への直し方

 いつもは解説メインで進むこのコーナーですが、今回は譜面上注意するポイントが2つあるので、そのあたりを中心に書いていきます。

 まず、この「宿命」という曲ですが、MVを観ても分かるように5弦ベースとキーボードを使い分けています。

 今回の譜面では、キーボード部分もベースで弾けるように、変換し表記しています。具体的にはイントロとサビ部分で、販売TAB譜上では、Intro・C・F・G・I セクションです。なかなかキーボードで弾き分けることはないかと思いますが、一応覚えておくと良いでしょう。

 次に、この曲は5弦ベースを使っている点についてです。

 原曲のベースラインをそのまま弾こうとすると、4弦ベースでは音域的に不可能です(最低音はB#)しかし「宿命」では、簡単な・自然なアレンジで4弦ベースで演奏することが出来ます。

 例えば、一番低音が目立つフレーズとなるサビ部分ですが、前半は低音で後半は1オクターブ上の高音での演奏となります。

 この曲に関しては、曲中の5弦部分をすべて1オクターブ上で演奏しても違和感は少ないです。

 もちろん、低音部分は物足りなさがあることは否めませんが、5弦ベースありきのアレンジでは無いため、ベースライン的に破綻することはありません。是非お試しください。

 他にもベースTAB譜を販売しているので、気になった方はチェックしてください。

販売楽譜・TAB譜一覧(当サイトページ)

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です