【ベースTAB譜】クリープハイプ – エロ ~簡単な解説~

 ここでは「クリープハイプ – エロ」について、簡単な解説を書いていきます。TAB譜は下のリンク、Piascore楽譜ストアから購入できます。

「クリープハイプ – エロ」購入ページ

2Aのコード感

 2番のAメロ(譜面ではEセクション)ですが、ギターはコードを1小節づつ弾いていくき、ベースは音価が長いフレーズとなっています。

 なので、この部分はなるべく音と音を繋げて弾くように意識すると良いでしょう。

 小節58の部分でいえば、頭の和音部分(1弦15F2弦16F)を弾いたまま次の音(4弦14F)も弾けるので、3音の和音となるように弾いてもいいかもしれません。

 ギターと一緒になり、コード感を全面に出すようなイメージで弾くと、バンド演奏としても雰囲気がでると思います。

「クリープハイプ – エロ」購入ページ

 他にもベースTAB譜を販売しているので、気になった方はチェックしてください。

販売楽譜・TAB譜一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です