【ベースTAB譜】Hump Back – 拝啓、少年よ ~簡単な解説~

 ここでは「Hump Back – 拝啓、少年よ」について、ワンポイントアドバイス・簡単な解説を書いていきます。TAB譜は下のリンク、Piascore楽譜ストアから購入できます。

「Hump Back – 拝啓、少年よ」購入ページ

間奏のキメフレーズ

 「拝啓、少年よ」は初心者ベーシストにも弾きやすく、ギター・ドラムも比較的簡単なので、初めてのバンド演奏にもオススメの一曲です。

 さて本題ですが、この曲で一番難しいであろう間奏、ギターソロの途中のキメフレーズについて簡単な解説をしていきたいと思います。

 フレーズはこちらです。

 小節72がキメ部分ですね。小節頭の4分休符と、小節73から8分音符分のシンコペーション(食っている)部分を特に意識しましょう。

 小節71最後の9Fから次の5Fまで移動しますが、休符が入っているので焦らず弾きましょう。小節73に入る部分は直前の8分休符を意識するとメリハリが生まれると思います。

 この曲は、主に小節70のリズムパターンのルート弾きなので、きっちりリズムを刻み、キメ部分のメリハリがつくと演奏が締まるでしょう。

 他にもベースTAB譜を販売しているので、気になった方はチェックしてください。

販売楽譜・TAB譜一覧(当サイトページ)

「Hump Back – 拝啓、少年よ」購入ページ

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です