【ベースTAB譜】kobore – 幸せ ~簡単な解説~

 ここでは「kobore – 幸せ」について、簡単な解説を書いていきます。TAB譜は下のリンク、Piascore楽譜ストアから購入できます。

「kobore – 幸せ」購入ページ

スライドのニュアンス

 これはAメロ、楽譜上のBセクションのフレーズです。イントロやAメロなどでは、このようなオクターブ移動が混ざったフレーズがベースとなっていて、今回は少しアレンジが加わった上のフレーズを題材にします。

 上の譜面の小節33では、3弦4Fや2弦10Fにスライドして移動します。とはいえ、楽譜では限られた表記によってニュアンスをつけるのは難しい部分があり、残念ながら採譜したニュアンスが100%つけられる訳ではありません。

 例えば、3弦4Fへスライドは、2Fから4Fにスライドする表現になっています。しかし、大切なのは3拍目に2弦4Fに移動することで、2拍目は滑らかに2弦4Fへ移動することが重要です。そのため、2拍目は3弦4F、5度の音を経由しています。つまり、3弦4Fへスムーズに移動したい訳でり、2Fから移動するというより4Fへ綺麗に上がることが大事です。

 私が作成した楽譜に限った話ではありませんが、こういったニュアンスは譜面で表記することが難しいです。なるべく近い表現方法を用いていますが、ご自身の耳で近いニュアンスを目指してもらいたいと思いますし、そういったことがレベルアップにも繋がるのではないでしょうか。

 他にもベースTAB譜を販売しているので、気になった方はチェックしてください。

販売楽譜・TAB譜一覧

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です