【ベースTAB譜】Mr.ふぉるて – あの頃のラヴソングは捨てて ~簡単な解説~

 ここでは「Mr.ふぉるて – あの頃のラヴソングは捨てて」について、簡単な解説を書いていきます。TAB譜は下のリンク、Piascore楽譜ストアから購入できます。

「Mr.ふぉるて – あの頃のラヴソングは捨てて」購入ページ

サビのシンコペーション

 今回は、サビなどで出てくるシンコペーションについて簡単な解説しています。

 一応触れておくと、シンコペーションとは前の小節に少しだけ早く入る・くうことを言います。上の譜面では、8分音符分シンコペーションしているのが分かると思います。

 今回のサビなどでは、このシンコペーションをドラムを中心にしっかり合わせることが大切です。小節9のように動きがあるフレーズでも、そのあとに出てくるオクターブ上に上がるフレーズでも、このシンコペーション部分はしっかり合わせましょう。

 小節9のような動きのあるフレーズでは焦ってしまうこともあると思いますが、まずはシンコペーション部分を合わせることを重視しましょう。シンコペーション部分が身につけば、動きのあるフレーズは付け加える感覚で弾けるようになっていくと思います。

 他にもベースTAB譜を販売しているので、気になった方はチェックしてください。

販売楽譜・TAB譜一覧

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です